無料ブログはココログ

リンク集

天部

2018年8月29日 (水)

瀧山寺三尊 帝釈天立像の制作(5) 光背と仕上げ

真夏日も一休み。昨日は半年ぶりにゴルフに行ってきました。
 
気温は少し低めでしたが湿度が高く、ホールアウト寸前に雷雨になり大急ぎで引き上
 
げました。
 
 
光背ができました。梵天像の時の経験から材料を変えたりして工夫してみましたが、
 
結局、木曽檜材を使った同じ方法になりました。1mm以下の厚さに削って、彫刻と
 
いうより切り絵のような作業です。本尊の聖観音の後輩はもっと精細なので、更なる
 
工夫が必要になりまが、本物は金属製ですので木彫りでは限界があります。
 
 
帝釈天は、一番イケメンの仏像と言われているので、特にお顔の仕上げに気を使い
 
ます。全体的にも、もう少し綺麗に仕上げたいと思います。
 
                                      合掌 
 
 
Img_20180829_163439Img_20180829_163421Img_20180829_163501  
 

2018年8月22日 (水)

瀧山寺三尊 帝釈天立像の制作(4) 小作り(2)

明日は処暑というのに、猛暑が復活しました。
 
 
 Img_20180822_151243 小作りを進めていく過程で、特に側面と背面は最初の
 
 デッサンから少しずつ修正しました。
 
 お顔を整えて、髻や宝冠の細部を彫りました。宝冠は
 
 複雑なので、かなりデフォルメしています。髻も特徴が
 
 あります。
 
 別材で作った独鈷杵を持たせて帝釈天らしくなりました。
 
 台座は、梵天のそれとも違っていて、これまで見たことが
 
ない種類です。台の上から下に向けて水が流れて飛沫が上がっているように見えます。
 
写真を見ながら作ってみました。
 
 
Tracing_20180821205420_2 
 これから仕上げにかかりますが、もう一つの難関、光背
 
 作りです。梵天で経験済みとは言え、この細かさをどこ
 
 まで実現できるか楽しみと不安が半々です。
 
                     合掌
 

2018年8月15日 (水)

瀧山寺三尊 帝釈天立像の制作(3) 小作り(1)

お盆、終戦記念日。祈りの一日です。
 
 
帝釈天は、京都・東寺の象に乗ったお姿が有名で、最もイケメンの仏さまとして
 
特に女性に人気があります。この瀧山寺の帝釈天も、負けず劣らずイケメンだと
 
思いますが、果たしてイケメンに作れるか、少しプレッシャーを感じています。
 
肝心のお顔はこれからですが、小作り作業を進めています。
 
                                 合掌
 
Img_20180815_162231_2 Img_20180815_162615Img_20180815_162345
 

2018年8月 8日 (水)

瀧山寺三尊 帝釈天立像の制作(2) 粗彫り

立秋になりました。台風接近で猛暑も一休みですが、台風が通り過ぎる明日には
 
夏が戻ってくるようです。 
 
 
帝釈天立像の粗彫りを進めています。
 
左足に重心がかかり、左手は握って腰に当てられています。右足は少し膝を曲げて
 
前に出し、右手には独鈷杵を握っています。独鈷杵は一体で彫りたかったのですが
 
忘れたので別材で作ることにします。また、実物は、右腕から下がっている天衣が
 
破損して無くなっていますが、再現してみることにしました。
 
帝釈天も宝冠が複雑ですが、少しデフォルメして一体で彫ることにしました。
 
                                       合掌 
 
Img_20180802_163642 Img_20180729_171856_2Img_20180725_162347

2018年8月 1日 (水)

瀧山三尊 帝釈天立像の制作(1) デッサン、木取り

8月になりました。猛暑が続いた今年は、もう夏も終わりのような気がしますが、
 
これからが本番ですね。熱帯夜の南東の空に、火星が夏色で輝いています。
 
 
帝釈天立像にかかりました。帝釈天は梵天とともに釈迦を助けて仏教の悟りを
 
広めたと言われています。また、阿修羅と戦って仏教に帰依させたと言われ、
 
鎧を着けた戦士の姿になっています。
 
瀧山寺の帝釈天は、運慶・湛慶作と言われていますが、後の時代に彩色されて
 
しまったせいか、あまり展示されたことがないようで、画像も正面からのものしか
 
見つかりません。
 
模刻は無理かと思いましたが、正面像から類推して4面図を作ってみました。
 
細かいところは諦めて、できるだけ近づけてみたいと思います。
 
                                合掌
 
 
Img_12_m_4 Img_20180723_110236_2 Img_20180724_164750
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年7月25日 (水)

瀧山寺三尊 梵天立像の制作(8) 仕上げ(1)

連日の酷暑も一休み、今日は少し気温が下がって夜の風は涼しいです。
 
昨日はゴルフ月例会が予定されていましたが、命に係わる暑さということで急遽
 
中止になりました。
 
 
彫刻刀を研いで、梵天立像の仕上げにかかりました。まだ完ぺきではありません
 
が、10月半ばまでに、三尊を仕上げたいので、次の帝釈天立像に取り掛かること
 
にします。間に合うかな?
 
                                      合掌
 
 
Kimg2745Kimg2743
Kimg2742
 

2018年7月18日 (水)

瀧山三尊 梵天立像の制作(7) 持物と台座光背

連日の猛暑で、暫く休んでいたゴルフの朝練に久しぶりに行ってきました。
 
やはり汗をかくのは気持ち良いですね。シャワーを浴びて作業にかかりました。
 
 
Kimg2737 
 本体の仕上げにかかる前に、持物と光背、台座を作りました。
 
 特に、光背は火焔が細かくてどうしょうか悩みましたが、結局
 
 従来通り檜材で作りました。火焔の部分の厚さは1mmです。
 
 そのため、かなりデフォルメしています。
 
 この仏さまは台座も特徴があります。高さが低い蓮台は、12枚
 
 の蓮弁が三段になっています。反花も一体で作りました。
 
 後姿もご覧ください。仕上げにかかることにします。
 
                                     合掌
 
 
Img_20180711_164315Img_20180711_164330Img_20180711_164348

2018年7月11日 (水)

瀧山三尊 梵天立像の制作(6) 小作り(4)

真夏日! これまでは窓を開けっぱなしで作業をしていましたが、今日は流石に
 
エアコンを入れました。夜は少し心地よい風が吹いています。
 
 
Img_20180709_163607
Img_20180709_163518Img_20180709_163524
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_20180709_163729  
 やはり宝冠は別材で作ることにして、四臂のお顔を
 
 整えました。宝冠はデフォルメして試行錯誤しながら、
 
 この形に落ち着きました。もう少し軽くしたいのですが
 
 これ以上削ると破損しそうです。
 
 そろそろ仕上げ作業に移りたいと思います。
 
                         合掌 
 

2018年7月 4日 (水)

瀧山三尊 梵天立像の制作(5) 小作り(3)

梅雨明けから暫く続いた真夏日も一休み、週末にかけて戻り梅雨になるようです。
 
強い風に乗って太鼓の音が聞こえてきます。盆踊りの太鼓の練習でしょうか?
 
もうそんな季節ですね。
 
 
 小作りを続けています。心配していた頭頂部のお顔も
 
 何とか彫れそうです。
 
 今度は、宝冠をどのように彫るか悩んでいます。
 
 現物通りは細かすぎるので、どうデフォルメするかです。
 
 本体の形が決まってきましたが、やはり難しいですね。
 
                       合掌  
 
 
 
 
Img_20180704_164319Kimg2725Img_20180625_144326

2018年6月27日 (水)

瀧山寺三尊 梵天立像の制作(4) 小作り(2)

梅雨の晴れ間が続いて、連日の夏日です。
 
強い南風に雲も流されて、十三夜の月が輝いています。
 
探査衛星はやぶさ2が、小惑星リュウグウの上空に到着したようです。
 
 
梵天立像の小作りを進めています。四臂のお顔を入れてみました。
 
正面頭部のお顔は、宝冠の陰になるので、彫るのが難しいです。
 
いっそのこと、宝冠を別材で後付けにした方が、楽になりますが、
 
もう少し拘ってみたいと思います。
 
                                 合掌
 
Img_20180621_170722Img_20180621_170635Img_20180621_170641

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30