無料ブログはココログ

リンク集

竜頭観音を彫る

2013年9月28日 (土)

竜頭観音の制作 ◆ 完成

彼岸も過ぎて朝夕は半袖では肌寒いくらいになってきました。

 

ネット回線の切り替えに合せてホームページのURLを変更することにしました。

まだ、一部工事中ですが以下になります。

http://friendly.life.coocan.jp/

この際デザインも見直したいと思っているのですがまだアイディア不足です。

 

 

竜頭観音は仏像彫刻展ぎりぎりまで手を加えていたので、完成写真を

撮り忘れていました。と言ってもあまり代わり映えはしませんが・・・・・。

 

Ryuzu130928f01


Ryuzu130928fl01


Ryuzu130928fr01

 

 

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年9月 7日 (土)

竜頭観音の制作 ◆ 框台の装飾

今日は、二十四節気の白露。やっと涼しさを感じる朝を迎えました。

 

 

やはり框台が気になり作業開始。

下段を一回り大きくして上段に地紋彫りを施しました。

少し上品になったでしょうか?

 

あとは、じっくりと眺めながら細かいところを丁寧に仕上げて、

完成させたいと思います。 

 

Img_6435Img_6425_4

 

 

 

 

 

2013年9月 4日 (水)

竜頭観音の制作 ◆ 光背、框台を作りました

竜巻や豪雨で各地に被害が出ていますが、我が家の近辺は少し雨が降った程度で

相変わらず蒸し暑い一日でした。

 

光背のことは考えていなかったのですが、やはり仏さまらしくとシンプルな輪光背を

作ってみました。

框台も作りました。ちょっと高過ぎて間が抜けた感じで、何か飾りが欲しい気もします。

これで形は全て整いましたが、お顔は相変わらず決まりません。

少し落ち着いて仕上げます。

 

 

Img_6417_3Img_6420_3






2013年8月31日 (土)

竜頭観音の制作 ◆ 子供の像を仕上げました

8月末日、夏日の最後の抵抗か二日連続の猛暑になりました。

今夜も寝苦しい夜になりそうです。

 

粗彫りの段階で一旦切り離した子供の像を仕上げました。

天衣などを着けたかったのですが、下絵を描かないでいきなり彫ったので

裸の男の子になりました。

もう少し可愛らしく仕上げたいのですが・・・・・・・。

Img_6412Img_6413Img_6413_3


2013年8月28日 (水)

竜頭観音の制作 ◆ 仕上げ(3)

爽やかな秋の空気に入れ替わり、空が高くなりました。

日が落ちると虫の声が賑やかです。

 

刃物が切れると気持ちが良いです。Img_6391

細かいところも決まってやっと形が整ってきました。

これまでは熟しの段階で、これからが本当の仕上げ

かもしれません。

お顔も少しは観音様らしくなってきたでしょうか。

この仏様は、衣紋が特徴的で、自然な形と柔らかさを出す

のが難しいのですが、思いっきり嵌ります。

 

 

Img_6401


Img_6396


Img_6400

2013年8月25日 (日)

竜頭観音の制作 ◆ 仕上げ(2)

昨夜からの雨が昼頃には上がって、行く夏を惜しむかのように蝉が泣き始めました。

久しぶりに凌ぎやすい一日でしたが、明日からはまた真夏日のようです。

 

仕上げ作業を続けていますが、刃物がすぐ切れなくなります。

細かいところは、特に、刃物が切れないと失敗します。

作業の前に研磨します。



Img_6361


Img_6363


Img_6376












2013年8月21日 (水)

竜頭観音の制作 ◆ 仕上げ(1)

4時頃の雷雨で幾分涼しくなった感じですが相変わらずの熱帯夜です。

 

半日がかりでお顔を整えて目を入れましたが、

まだアップに堪える状態にありません。

このくらい小さい顔の仕上げには、5厘以下の刃物が欲しい・・・・。

 

観音様の足周りに刃物が入らないので、竜の頭を切り離しました。

これで、観音様も、竜の顔も仕上げ作業が進みます。

元に戻して仮止めしましたが、仕上げが終わってから正式にくっつけます。

 

 Img_6323_2
Img_6309_2


 

 

 

 

2013年8月18日 (日)

竜頭観音の制作 ◆ 仕上げにかかりました

つくつく法師が鳴いて、赤とんぼも見かけるようになりました。

昼間は相変わらず猛暑の毎日ですが、夕暮れの風は少し涼しさを感じます。

 

Img_6291

雲の形を整えて、やっと全体の形が決まってきたので、

そろそろ仕上げにかかります。

 

細かいところは、3.5倍の拡大鏡を使っての作業です。

一分の丸刀や小刀の刃先を使いますが、

更に細かい作業は、今回初めて、アートナイフなるものを

使ってみました。

まだ、使い慣れていませんが役に立ちそうです。 

 

 


Img_6299_2Img_6300Img_6301

2013年8月14日 (水)

竜頭観音の制作 ◆ 小造り(4)

今年もお盆が巡ってきました。故郷の墓参りはできませんが、

お仏壇を飾って、奥様が作った御霊供膳をお供えしてお参りしました。

 

今朝は、つくつく法師の声も聞こえました。連日の猛暑も、もう少しの辛抱でしょうか。

 

Img_6262_4

冷房の効いた部屋で作業を進めています。

 

写真では変わり映えしませんが、細かいところを彫り込んで

います。

この満ち足りた安らかな気持ち、今のところ何物にも代え難い

贅沢な時間です。

 

 

 

 

Img_6263_2

Img_6264_2

Img_6270_2

 

2013年8月11日 (日)

竜頭観音の制作 ◆ 小造り(3)

午後から、急に暗くなり雷鳴とともに雨が降ってきましたが、

すぐに止んでしまいました。

この猛暑には何の効果もありません。

エアコンなしでは仕事(?)になりませんね。

 

背面、側面を整えて、頭巾、宝冠、三道、瓔珞など、細かいところを彫り込みました。

観音様らしくなってきたでしょうか?

 

さてと、肝心の竜をどのようにまとめるか。

もう少し試行錯誤が続きそうです。




Img_6244

Img_6246

Img_6248_3







最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31