無料ブログはココログ

リンク集

四天王立像

2014年10月 1日 (水)

聖観音菩薩と四天王

10月になりました。

 
 
仏像彫刻展も終わり聖観音菩薩さまが戻って来られました。
 
 
Syokanon140929c01  
 こんな写真はどうでしょう?
 
 観音様に、そして10月というのに
 
 ブーゲンビリアは似合わない
 
 ですかね。
 
 
 
 
 
 
Syokanon140929c04
 
 薬師寺の聖観音菩薩に興福寺の
 
 四天王です。 
 
 当分、我が家の須弥壇の守り神
 
 として頑張っていただくつもりです。  
 
 
 
 
 
一区切りついた満足感と、目の前の目標がなくなった空虚さとが
 
入り混じった複雑な気持ちです。
 
これから彫らせていただきたい仏さまはいろいろありますが
 
今頼まれている香盒仏4尊を彫りながら考えることにします。
 
 
 
 

2014年9月27日 (土)

四天王 DEBUT

爽やかな朝に金木犀の香りが漂う季節になりました。 

 

聖観音さまが仏像彫刻展に出られてなんとなく寂しい気がしています。

そんな中、8月に光背を仕上げた四天王像のお披露目を忘れていたことに
 
気づきました。
 
改めて記念撮影。四体同時撮影は難しいので一体ずつ撮影して合成しました。
 
 
Shitenno140927ft01_3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左から、東方を守る持国天、西方を守る広目天、南方を守る増長天、北方を守る
 
多聞天です。これで須弥壇の守りは万全です。
 
 
明日は仏像彫刻展最終日。午後から撤収に向かいます。
 

2014年6月 4日 (水)

光背を作りました

先週は、道後温泉で高校の50周年同級会がありました。

先生を入れて23名、大いに盛り上がりました。
 
50年ぶりの人もいましたが顔ははっきり覚えていましたね。
 
昼間は、関東組でゴルフを楽しみました。
 
 
 
持国天の光背を作りました。
 
火焔は数年前の不動明王以来ですが描くのも彫るのも難しいです。
 
勢いよく燃え盛る感じが出せません。焔の先をもっと尖らせたい
 
のですが、火焔の延びている方向が木目と直角のため、切れる刃物
 
で慎重に彫らないと欠けてしまいます。
 
もう少し綺麗に仕上げたいと思います。
 
 
 

Img_7676a_3 Img_7679_2

2014年5月29日 (木)

やっと揃いました

まだ完成でとは言えませんが、3年前から彫り始めた四天王像がやっと揃い

ました。

以前に彫った十一面観音立像と組み合わせてみました。
 
 
 Img_7653_2
 
 右手前は持国天、その横は増長天、
 
 奥が広目天、その横が多聞天です。
 
 広目天、多聞天は時間が経っている
 
 ので色が変わってしまいましたが、 
 
 四天が揃うと迫力がありますね
 
 (自己満足)。
 
 
 
 まだ、光背を作る仕事が残っています。

2014年5月25日 (日)

持国天の制作 ◆ 仕上げ(2) ◆

紫陽花の蕾が大きくなってきました。

 

両腕を外して仕上げ、ほぞを差し込んで繋ぎました。Img_7629

頭部の形を整えて、兜にも模様を刻みました。

これで甲冑の模様は一通り取り込みましたが細かい

ところはデフォルメ しています。

 

後は刃物をよく研いで、気長にひたすら滑らかに

削っていくのみですが、木が柔らかく粘り気がある

ので綺麗に仕上げられるか根気の勝負です。 

 

 

 

  Img_7645Img_7644 

  来週は、高校50周年

 同級会のため、松山へ

 向かいます。

 

 

 

 

Img_7642_2Img_7643_2 途中、京都国立博物館で

 開催中の「南山城の古寺

 巡礼展」を観てきたいと

 思っています。


 

2014年5月21日 (水)

持国天の制作 ◆ 仕上げ(1) ◆

上半身の作業に移りました。

Img_7596_2

四天王は、甲冑の幾何学的な形や模様と、

裙や袴などの衣文の曲線模様の混在が好きです。 

甲冑の細かい細工をできるだけ表現したいと

思うのですが難しいです。

兜が、頭に被っているように見えないですね。

 

  Img_7591 Img_7593_2

2014年5月18日 (日)

久しぶりに持国天

昨日、香合仏を納品しました。

金箔貼りも前より少しばかり上手くできました。

大日如来は、今回初めて男性の方が持たれるようなので、お守り袋も紺色に

しました。気に入っていただけるといいのですが。

  Img_7573  Img_7586

 

 

 

 

 

 

 

中断していた持国天の制作に戻り、足回りから仕上げにかかりました。

大きい仏像はホッとしますが、香合仏での細かい作業も役に立ちます。

邪鬼の顔は、ムンクの絵を思い出させますね。

今月中に仕上げたいと思っています。

 Img_7588  Img_7590

2014年4月23日 (水)

持国天の制作 ◆ 小造り(4) ◆

やっと天気が安定して春の陽気になり風邪も治まってきました。

今朝は、久しぶりにゴルフの朝練に行って心地良い汗をかいてきました。

 

足回りの形を整えて、邪鬼の顔や手足を彫ってみました。

Img_7520

 綺麗に仕上げるには

 邪鬼を切り離したいところですが、

 もう少し頑張ってみます。

 Img_7522

 

 

 

 

 

 

 

早く、持国天を仕上げたいと思っていたのですが、

香合仏の追加注文が入りました。阿弥陀如来と大日如来の2点です。

前に納めさせて頂いた方からの口コミのようで嬉しい限りです。

交互に作業を進めてみたいと思っています。

2014年4月19日 (土)

持国天の制作 ◆ 小造り(3) ◆

風邪が酷くなって絶不調です。

今シーズンも風邪をひかなくて過ぎそうだと油断していたところをやられました。

 Img_7513_2 Img_7515 

 

 足回りをまとめ始めましたが、集中力

 が続かず作業が進みません。

 今日のところは、宝刀を作ってごまか

 しました。 

2014年4月16日 (水)

持国天の制作 ◆ 小造り(2) ◆

昨日は外出の機会があったので東京芸大美術館に寄ったのですが休館日でした。

折角なので、国立博物館の一般展示を見てきました。三十三間堂の千手観音や

薬師寺の聖観音立像のレプリカなどの新しい仏像が展示されていて勉強になりました。

 

  

持国天の本体と、切り離した腕の小造りを進めていますが、切り離したことで

細かい作業が効率よくできます。

まだ途中の段階ですが腕を仮付けしてみました。

  Img_7509  Img_7510Img_7512

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31