無料ブログはココログ

リンク集

瑠璃観音を彫る

2011年2月 9日 (水)

瑠璃観音 仕上げ(9) 

 今年になって初めての本格的な雨の朝となりました。

 光背ができたので光脚を取り付けて瑠璃観音を仕上げました。身丈は9寸4分、総丈は1尺5寸近くになりました。木取りから2、5ヶ月、まだ気になるところもありますが一先ず完成です。 仏像彫刻のHP 「居間工房」へどうぞ!

Rurikouhai110209Rurikannon110209fRurikannon110209zf1_2

2011年2月 7日 (月)

瑠璃観音 仕上げ(8) 光背の制作

Rurikouhai110206f Rurikouhai110206b

 節分から暖かい日が続いています。関東地方の異常乾燥注意報もやっと解除された模様。

 光背の透かし彫りができてきました。まだ、荒削りのところがありもう少し綺麗に仕上げたいと思います。この模様は唐草が立体的に交差するなどかなり繊細で神経を使います。刃先を研磨しながら慎重に作業を進めます。

仏像彫刻のHP 居間工房はこちらへ

2011年2月 2日 (水)

瑠璃観音 仕上げ(7) 光背の制作

Rurikouhai110201_2 Rurikouhai110202_3  光背の形に木取りした板に、下図の紙を貼り付けて彫刻刀で彫り貫いていきます。かなり細かい唐草模様なので力を入れ過ぎると欠ける恐れがあり、少しづつ丁寧に彫り込んいきます。裏側からも綺麗に形を整えます。

2011年1月29日 (土)

瑠璃観音 仕上げ(6) 光背の制作

Rurikannon110129f_3  Kouhai02_2Kouhai01_2

一昨日、光背の材料を調達に新木場の木材店に出かけました。天気も良かったので家内を誘って久しぶりに浅草まで足を延ばすことにしました。平日と言うのにかなりの人出で流石に東京を代表する観光地です。スカイツリーを見ようと押上まで行きましたが、浅草あたりからの眺めの方が良かったです。新木場で光背に丁度良い木曾桧の板と、次の作品用の材料を手に入れてきました。

 光背の木取りをして台座と組み合わせてみました。明日から透かし彫りにかかり ます。

2011年1月23日 (日)

瑠璃観音 仕上げ(5)

Rurikannon110123f  大寒も過ぎ、新しい年も1ケ月になろうとしています。関東地方は乾燥した真冬日が続いていますが、日毎に陽が長くなり春が少しずつ近づいている気配を感じます。

 通常国会も明日開幕、早く閉塞感漂う冬のトンネルを抜け出て欲しいものです。昨日、種子島から打ち上げられたHTV2号機(コウノトリ)が軌道投入に成功、新しい希望を与えてくれました。

 瑠璃観音の台座のうち、反花は本体と同じ材料から木取りしましたが、框は手許に良い材料がないため、ホームセンターから桧の板を調達して作りました。これまでRurikannon110123daiは円形ばかりでしたが、今回は三角形の板を張り合わせて八角形にしたため繋ぎ目を合わせるのに苦労しました。まだ光背制作が残っていますが、透かし彫りに適した木曾桧は木材の専門店に行かないと手に入らないので、完成は少し先になりそうです。

2011年1月16日 (日)

瑠璃観音 仕上げ(4)

Rurikannon110117f  今年頂いた年賀状の整理をしてメッセージをゆっくり読み返しました。リタイヤして時間が経ちましたが、まだ仕事の先輩、後輩、同僚からが一番多いですね。年賀状だけの交流の方々も多くなりましたが、ゴルフや飲み会で年に数回以上ご一緒させて頂く方も少なくありません。昨年は、高校の同窓会のお世話をさせて頂いたことで同窓生、同級生とのお付き合いも増えました。有難いことです。故郷の中学校の同級生も懐かしいです。親戚は世代交代で今は昔、姉夫婦、高齢の叔父、叔母、今年は故郷に顔を出してみようかな。

 前置きが長くなってしまいましたが、瑠璃観音は、仕上げの作業が終わりに近づきました。手足の爪は2mm程度しかないので慎重に彫りました。蓮台を作りましたが、下段の反花と框を取れる大きさの材料がないので、これから木取りをします。また、光背は繊細な透かし彫りになるため綺麗な木曾桧の材料を調達したいと思います。

2011年1月10日 (月)

瑠璃観音 仕上げ(3)

02rurikannon110110fr1 成人の日、風が冷たく寒い快晴の一日でした。所用で最寄り駅までドライブした際、初々しい女性の晴れ着姿が目にとまりました。

 今年最初の画像です。休日は混んでいて、やっと画像アップができました。

 両脇の下を彫り込んで胸の形を整えました。また、腕を少し削って細くしました。天衣や裳の衣文も自然な線が出るよう心がけました。 

 仕上げも終盤に近づき、お顔や細かいところをよく見ながら、もう少し手を入れていきたいと思います。

2011年1月 5日 (水)

事始め

 三箇日も過ぎ、昨日は、いつものゴルフ仲間との初打ちコンペでした。天気に恵まれ、間近に見える雪化粧した美しい富士山はお正月に相応しい景色で、今年は良い年になりそうな気がします。

 仏像彫刻も今日が事始め。全ての彫刻刀を丁寧に研いで瑠璃観音の仕上げにかかりました。彫刻刀を研いでいるときは不思議と心が落ち着いて、みそぎをしている気持ちになります。また、良く研いだ彫刻刀で木を削るときの感触は何とも言えない心地です。

2010年12月28日 (火)

瑠璃観音 仕上げ(2)

Rurikannon101228f_4 Rurikannon101228fz   昨日から我が家の大掃除が始まりました。障子の張り替え、網戸洗い、窓拭き、台所周りと毎年のことながら重労働です。夫婦ともくたびれ果てて正月を迎えます。

 瑠璃観音は仕上げの途中ですが、居間工房も今日が仕事終い、作業場所の大掃除にかかります。とは言いながら、気になるとまた彫刻刀を握るかも知れませんが。

2010年12月24日 (金)

瑠璃観音 仕上げ(1)

Rurikannon101224f  今年も後1週間となりました。

 瑠璃観音も仕上げの工程に入りましたが、年賀状を書いたり、忘年会続きで落ち着いて作業ができませんでした。年賀状も終わったので、今週は作業に集中します。来週になると大掃除モードに入りそうなので今週が勝負ですね。

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30