無料ブログはココログ

リンク集

« 蘇我仏像彫刻教室 8月 その2 | トップページ | 金町仏像彫刻教室 9月 その1 »

2018年8月29日 (水)

瀧山寺三尊 帝釈天立像の制作(5) 光背と仕上げ

真夏日も一休み。昨日は半年ぶりにゴルフに行ってきました。
 
気温は少し低めでしたが湿度が高く、ホールアウト寸前に雷雨になり大急ぎで引き上
 
げました。
 
 
光背ができました。梵天像の時の経験から材料を変えたりして工夫してみましたが、
 
結局、木曽檜材を使った同じ方法になりました。1mm以下の厚さに削って、彫刻と
 
いうより切り絵のような作業です。本尊の聖観音の後輩はもっと精細なので、更なる
 
工夫が必要になりまが、本物は金属製ですので木彫りでは限界があります。
 
 
帝釈天は、一番イケメンの仏像と言われているので、特にお顔の仕上げに気を使い
 
ます。全体的にも、もう少し綺麗に仕上げたいと思います。
 
                                      合掌 
 
 
Img_20180829_163439Img_20180829_163421Img_20180829_163501  
 

« 蘇我仏像彫刻教室 8月 その2 | トップページ | 金町仏像彫刻教室 9月 その1 »

仏像彫刻」カテゴリの記事

天部」カテゴリの記事

コメント

初めまして(*^_^*)
ぽちありがとうございます。

仏像大好きです。
ため息が出る程、お美しいです。
すでに命を宿されてると思えるほど、生き生きとした生命力を感じます。

弥沙さん、いつもご覧頂きありがとうございます。

まだまだ未熟ですが、何かを感じて頂ければ嬉しいです。

ブログも読んで勉強させて頂いています。

こんばんは~(^0^)
今回も見事に出来上がってますね~~~
上品でお美しいです!
私は左から見た帝釈天様が好きです(すみません)
拝見した瞬間合掌しました。 
ありがとうございます。  合掌

章さん、いつもコメントありがとうございます。
お顔の表情は非常に微妙で、刃先のちょっとした
使い方で変わります。まだまだ未熟で、なかなか
思い通りにできませんが、お気に入り頂けて嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/67109182

この記事へのトラックバック一覧です: 瀧山寺三尊 帝釈天立像の制作(5) 光背と仕上げ:

« 蘇我仏像彫刻教室 8月 その2 | トップページ | 金町仏像彫刻教室 9月 その1 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31