無料ブログはココログ

リンク集

« 蘇我仏像彫刻教室 7月 その1 | トップページ | 金町仏像彫刻教室 7月 その2 »

2018年7月18日 (水)

瀧山三尊 梵天立像の制作(7) 持物と台座光背

連日の猛暑で、暫く休んでいたゴルフの朝練に久しぶりに行ってきました。
 
やはり汗をかくのは気持ち良いですね。シャワーを浴びて作業にかかりました。
 
 
Kimg2737 
 本体の仕上げにかかる前に、持物と光背、台座を作りました。
 
 特に、光背は火焔が細かくてどうしょうか悩みましたが、結局
 
 従来通り檜材で作りました。火焔の部分の厚さは1mmです。
 
 そのため、かなりデフォルメしています。
 
 この仏さまは台座も特徴があります。高さが低い蓮台は、12枚
 
 の蓮弁が三段になっています。反花も一体で作りました。
 
 後姿もご覧ください。仕上げにかかることにします。
 
                                     合掌
 
 
Img_20180711_164315Img_20180711_164330Img_20180711_164348

« 蘇我仏像彫刻教室 7月 その1 | トップページ | 金町仏像彫刻教室 7月 その2 »

仏像彫刻」カテゴリの記事

天部」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~(^0^)
私には仏像の知識が無いのですが、
お優しい御顔立ち、上品なお姿見事ですね~!!!
合掌せずにはおれません。 合掌
完成が楽しみです。   拝

章さん、いつもありがとうございます。
梵天四面四臂像は初めての挑戦で、形になってみると
反省点がいっぱいあり、まだまだです。
仕上でどこまで完成度を高められるか頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/66954676

この記事へのトラックバック一覧です: 瀧山三尊 梵天立像の制作(7) 持物と台座光背:

« 蘇我仏像彫刻教室 7月 その1 | トップページ | 金町仏像彫刻教室 7月 その2 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31