無料ブログはココログ

リンク集

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

十一面観音台座の制作

2月も終わりになり、急に春めいてきましたが、春の嵐になりそうです。
 
窓越しの陽だまりで単純作業をしていると眠気を催してきます。
 
 
 
 台Kimg1030座を作り始めました。蓮台、敷茄子、反花一体構造
 
 にしたので同心円に削るのが大変です。木工用の旋盤
 
 があると早く綺麗にできるのですが。
 
 反花の形がよくわからないので、いつもの通りの形に
 
 しました。蕊も彫って後は蓮弁ですが、56枚必要になり
 
 そうです。気長に作ることにします。
 
 框台は以前作ったものが丁度良い感じで使えそうです。
 
                               合掌
 
Kimg1025_2 Kimg1024_2Kimg0983
 

2018年2月24日 (土)

蘇我仏像彫刻教室 2月 その2 と 「仁和寺と御室派のみほとけ」展

今日は春めいた陽気になりました。遅ればせながら、奥様はお雛様を飾りました。
 
 
昨日は、セブンカルチャー蘇我仏像彫刻教室でした。今回は、指導に夢中になっていて
 
Saga180209a 作品を撮る余裕がありませんでした。
 
 初級の方々は、握り手、観音仏頭、不動明王立像と
 
 順調に進んでいます。観音仏頭は綺麗に仕上がり
 
 つつあります。次は不動仏頭の教材を準備します。
 
 中級の阿弥陀如来立像は3人の方が取り組んでいて、
 
 台座、光背の教材も準備しました。仁王吽形像、
 
日蓮上人坐像も完成間近です。
 
 
Kimg0986
 教室終了後、上野に回って、東博の「仁和寺と
 
 御室派のみほとけ」展を観てきました。
 
 待ち時間はなかったですが、中はかなり混んで
 
 いました。特に葛井寺の国宝、千手観音と、写真
 
 撮影ができる仁和寺・観音堂の展示は大混雑
 
 でした。どちらも見応えのある展示でしたが、
 
これ以外に、仁和寺の、像高12cmの本尊秘仏、国宝薬師如来坐像や、
 
大阪道明寺の本尊秘仏、国宝十一面観音菩薩立像も素晴らしかったです。
 
                                        合掌
 
Kimg0994_2Kimg0998_2
 

2018年2月21日 (水)

聖林寺 十一面観音菩薩の台座と光背

雨水が過ぎて、また冬空が戻ってきました。
 
 
Kimg0948_2Kimg0955_3  聖林寺十一面観音菩薩の本体は、
 
 多くの資料画像が集まったので、
 
 それらを参考に仕上げ作業を進め
 
 ていますが、台座の画像が殆どあ
 
 りませんでした。改めて捜していた
 
 ところYou tubeの動画に形が分かる
 
 画像を見つけ写真に撮りました。
 
 
 
 Kimg0980_3 また、現在、光背は無くなっていますが、奈良国立博物館に
 
 寄託されている浮彫の断片と、その時代の資料を基に、元
 
 東京藝大の先生が再現された光背の絵と合成した画像も
 
 見つけました。繊細で豪華な光背は模刻は無理ですが、
 
 台座は、蓮台、敷茄子と反花を一体で作りたいと思います。
 
 ただ、美しい形の蓮弁を一枚づつ作るのに苦労しそうです。
 
                           合掌
 
 

2018年2月18日 (日)

金町仏像彫刻教室 2月 その2

日毎に気温の変化が大きくなってきました。少しづつ春の気配が感じられます。
 
 
 
 新しい教室案内の中心に、仏像彫刻も小さく
 
 掲載されました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 早速、今回から新しい方が入会されました。
 
 最初は、入門コースで、先ずは小刀を使った
 
 手板彫りから始めます。業平菱紋、輪違い紋、
 
 檜垣紋の3種類の模様を彫って、小刀の押し刀、
 
引き刀による彫り方の練習です。また、この模様は仏像の台座等にも使う
 
ことができます。
 
 
Kimg0923_2Kimg0928
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手板が終ると、仏足、握り手、阿弥陀手へと進みます(写真左下)。
 
初級の最後は、観音菩薩立像です(写真中央)。これが完成すると中級へ進級し、
 
最初の課題が阿弥陀如来立像になります(写真右)。ここでは光背の透かし彫り
 
にも取り組みます。
 
 
Kimg0930
Kimg0925 Kimg0927 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中級の課題が終ると、自分の好きな仏さまを彫ることができます。
 
中級のベテランの方は、それぞれ、如意輪観音坐像、豊川稲荷像(女形)に
 
取り組んでおられます。
 
                                    合掌
 
Kimg0926Kimg0929

2018年2月14日 (水)

十一面観音 仕上げにかかります。

冷え込みが厳しい朝が続いていますが、昼間は少し暖かくなりました。明日は更に気温が
 
上がるとか、着実に春の足音を感じます。
 
 
Kimg0907Kimg0914 
 聖林寺の国宝十一面観音像を、
 
 拝観したことはありません。
 
 写真で見ても、その堂々たる
 
 体躯に圧倒されそうになります
 
 が、不思議と心に安らぎを感じ
 
 させてくれるます。
 
 流れるような天衣の衣文と、
 
しなやかな指の表情のが難しいです。
 
                          合掌

2018年2月10日 (土)

蘇我仏像彫刻教室 2月 その1

三連休、寒気も一休みで今夜は雨になりました。
 
 
 
寒さに負けず9名の方が出席されました。
 
初級の仏足を終えた方は、握り手に取りかかりました。少し難しくなりますが楽しさも
 
増します。
 
Soga180209bSoga180209d  
 仏頭を彫っている方は観音菩薩
 
 にかかっています。2作目で大分
 
 慣れてきたようです。
 
 若い女性の方が取り組んでいる
 
 大黒天は、いよいよ最終仕上げ
 
 です。良くできていますね。
 
 
 
Soga180209f_3 
 初級の最後から2番目の課題の不動明王立像も粗彫りが
 
 進んでいます。
 
 
 また、中級最初の課題の阿弥陀如来立像は、二人の方の
 
 粗彫り、小作りがほぼ完了。これから仕上げへと進みます。
 
 次回までに台座光背の材料の準備をします。
 
 
 
 
Soga180209c
 Soga180209e_2
 
 中級のベテランの方々は、仁王
 
 吽形像、日蓮上人坐像の粗彫り 
 
 が進んでいます。
 
 仁王像は女性の方の作品ですが
 
 力強さを感じます。 
 
 
 
 
 
今月から、蘇我、金町とも、教室のPRのため作品紹介等をさせて頂くことになりました。
 
蘇我教室は、20歳代から80歳代までの男女10名の皆さんが楽しく学んでおられます。
 
                                          合掌
 

2018年2月 7日 (水)

久しぶりの十一面観音菩薩

相変わらず厳しい寒さですが、日は長くなり窓辺の陽射しも力強くなってきました。
 
 
ずいぶん前に作業を中断していた、聖林寺の十一面観音菩薩立像を思い出しました。
 
小作りの段階で引き出しの中に仕舞っていて、凡そ一年半ぶりです。
 
 
 
Kimg0896Kimg0897 
 今年の課題に取り掛かる前に、
 
 今月中に何とかキチンと仕上げ
 
 たいと思います。
 
 それにしても頭上の化仏は小さく
 
 て大変です。特に右側の狗牙上
 
 出面は悩んでいます。実物は
 
 欠損していると思われる後ろの
 
 暴悪大笑面も彫りました。
 
                合掌

2018年2月 4日 (日)

金町仏像彫刻教室 2月 その1

 今日は立春。暦の上では春になりましたが、強烈な寒気が停滞して寒い日が続いて
 
います。まだ春は遠いようです。
 
 
 昨日は、よみうりカルチャー金町仏像彫刻教室の日でしたが、この寒さで風邪も流行
 
っているようで、3人の方が欠席でした。
 
 
Kimg0888Kimg0887 
 
 初級の方の握り手が出来上がって
 
 きました。また、初級の最後の課題
 
 に取り組んでいる方の観音菩薩立
 
 像も木取りが終わり粗彫りへと進ん
 
 でいます。
 
 
 
 
 
Kimg0885Kimg0886 
 中級の方の阿弥陀如来
 
 立像と豊川稲荷像も粗彫
 
 りが進んでいます。
 
 
 そんな中、見学に来られた
 
 30代くらいの男性の方が
 
 入会を申し込まれました。 
 
 
次回から、手板の模様彫りを始めてもらえるよう準備をします。
 
これで金町教室も生徒さんが8名となりました。 若い人の入会は嬉しいですね。
 
                                          合掌

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30