無料ブログはココログ

リンク集

« 香盒仏の下絵 | トップページ | 香盒仏 千手観音(2) »

2015年10月11日 (日)

香盒仏 千手観音

Kimg0424 今朝は生憎の雨でしたが、昨日の朝散歩の夜明け前の

 東の空。 三日月の左斜め上に木星、右斜め上に金星が。

 スマホのズームを構えましたが、ブレてうまく撮れません

 でした。

 

Kimg0423 鉛筆を削っていたのは随分昔の記憶しかありませんが、

 仏像のデッサンを始めてから頻繁に削るように なりました。

 不思議と心が落ち着きますね。

 以前、文房具店で、短くなった鉛筆を使う道具(名前は忘れ

 ました)を見つけました。まだ売っているとは驚きです。

 

千手観音から始めました。

Kimg0422_1Ksenjyu151011f_2 前の残りの柘植の木を

 使うことにしました。

 色も綺麗で硬いので、

 細かい細工に最適です。 

 手の持物や頭上の化仏は

 完全にデフォルメです。

              合掌                                             




« 香盒仏の下絵 | トップページ | 香盒仏 千手観音(2) »

香盒仏を彫る」カテゴリの記事

コメント

「補助軸」とか言う名前だと思います・
小学生の頃よく使いましたが最近はご無沙汰です。
その当時使っていた文具で鉛筆の先を保護する「キャップ」です、主に金属製でした。
最近これを見つけ小筆の穂先保護に使用しています。小筆携帯時に便利です。
千手観音様、すごいなあ~

補助軸というのですか?名前は記憶にありませんが、
写真にあるように色や形は昔のままですね。
鉛筆キャップもありましたね。

ありがとうございます。
下絵参考にさせていただきます。
例によっていつ着手できるかわかりませんが
全種類彫れるようになりたいです。

下絵の貼り方ですが、
私なら上下あわせた方が木目が揃って彫りやすいかなと思うのですが
上下逆に貼ってあるのは意味があるのですか?

大きな理由は、身と蓋をきっちり合わせるため、基準となる底部を
平坦にしたかったことです。
また、木目の模様が違った方が面白いかなと思ってやってみました。
kimiさんご指摘の方法が正攻法だと思います。

 今晩は~

 香盒仏の下絵も、投稿ペースも・・!快調ですね♪

・エッ・スマホズームでここまで…!
 書道で墨を…、同じでしょうか・集中!
ーー細かい細工に最適!ーー
やはりそれだけ硬い・即・切れ味なんですね~!
  ヒロ・・でした。

ヒロさん、今晩は。
今日は銘酒会で美味しい酒を頂いて良い気分です。
まだまだ未熟ですが、頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/62453584

この記事へのトラックバック一覧です: 香盒仏 千手観音:

« 香盒仏の下絵 | トップページ | 香盒仏 千手観音(2) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31