無料ブログはココログ

リンク集

« 中宮寺 国宝弥勒菩薩像 | トップページ | 中宮寺 弥勒菩薩像の制作 木取り »

2015年5月20日 (水)

中宮寺 弥勒菩薩像の制作 デッサン

爽やかな5月も下旬に向かい蒸し暑い日が多くなりました。

明日は小満です。

 

Mirokuf
 
 弥勒菩薩像の図録をもとにデッサンをしました。

 この仏さまは、飛鳥時代にクスノキで作られた半跏思惟像で、

 簡素なお姿ですが、その優美さ、品位の高さには心を奪われ

 ます。

 特に、和辻哲郎が「古寺巡礼」のなかで、”彼女は神々しい

 ほどに優しい「たましいのほほえみ」を浮かべていた。” と

 述べているお顔を表現できるのか、

 無謀な挑戦かもしれません。

                               合掌

 

 

MirokubMirokulMirokur 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘からラインで写真が届きました。 エジンバラのお城です。

明日、帰ってきます。

14321130092721431980813423

« 中宮寺 国宝弥勒菩薩像 | トップページ | 中宮寺 弥勒菩薩像の制作 木取り »

仏像彫刻」カテゴリの記事

菩薩」カテゴリの記事

コメント

たましいのほほえみですか・・・
色々な苦難を乗り越え、人を理解し許すことが出来た時に出来る「ほほえみ」の事なのでしょうか?
深い人生を経験をされた方に見られるような「できなくても良いんだよ」って言われた時の微笑みを思い浮かべました。
枝豆流解釈ですので・・お気になさらないでくださいね。

おはようございます。図面お待ちしておりました。側面、背面の状態がわからず困っておりました。
体の芯と框の芯の関係(左足の足裏の位置)がよくわかりました。ご存じとは思いますが、『大和古寺大観第1巻』(岩波書店)に写真が多数ありました。今後ともよろしくお願いいたします。

枝豆マニアさん
1300年前のほほえみが現代人を魅了する。
人間のたましいは変わらないのですね。

さて、どのような微笑みを表現できるか、
楽しみでもあり、怖くもあります。

イムジン福岡さん
初めまして。ブログをご覧いただいているようで、ありがとうございます。
図録の写真をもとに我流で描いたもので、正確さに疑問があります。
ご注意下さい。

 こんにちは~

 もうドンドン進捗ですね♪弥勒菩薩様
こちらもまた、更に見ごたえがあることでしょうね~!
目が離せません。

ーーエジンバラのお城です。ーー
こちらもいいですね~♪
 先日テレビでも放映しておりましたよ。
そこに直接いかれていられるのですから・・・。
・出掛けた気分にさせていただきました!!
  それでは。

ヒロさん、今晩は。
絵は描いてみたものの、ハードルが高そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/61620057

この記事へのトラックバック一覧です: 中宮寺 弥勒菩薩像の制作 デッサン:

« 中宮寺 国宝弥勒菩薩像 | トップページ | 中宮寺 弥勒菩薩像の制作 木取り »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31