無料ブログはココログ

リンク集

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

中宮寺 弥勒菩薩像の制作 粗彫りから小造りへ

5月も終わりになりました。

昨夜は地震に驚かされました。

口永良部島の噴火と、地殻の動きが気になりますね。

弥勒菩薩様がこの世に現れる56憶7千万年後の地球はどうなっているのでしょう?

 "色即是空"
 
 
Miroku150531 小造りにかかりました。

 シンプルで端整なお姿なので少しのミスも許されません。

 慎重に作業を進めています。

 気温が上がり汗が滲んでくる一日でした、。

 
 
 

Miroku150530fr01Miroku150529fr01Miroku150527fr02 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、原則、水、土曜にブログを更新していましたが、都合により、今後は

木、日曜にさせていただきます。

 

2015年5月27日 (水)

中宮寺 弥勒菩薩像の制作 粗彫り

昨日は真夏日の中での月例ゴルフ。

湿度が低くて適当に風もあり、新緑に包まれて快適な一日でした。

今日は、更に暑くなりました。

 

Miroku150527 鋸から、ノミに持ち変えて粗彫りに

 かかりました。 

 半跏趺坐の仏様は久し振りですが、

 やはり難しいですね。

 基本的な形ができたら、大きめの

 彫刻刀で徐々に形を整えていきます。

 

 
Miroku150525fr01Miroku150522fr01_2 Miroku150521fr

 

2015年5月23日 (土)

中宮寺 弥勒菩薩像の制作 木取り

Kimg0273 すっかり夏めいてきました。

 気の早い紫陽花が咲き始めています。

 近くの小学校では運動会、朝の5時から場所取りで並んで

 います。

 

 娘がスコットランド土産を持ってきました。

 私にはスコッチです。小瓶ですけど(笑)。

 

 
木曽檜材を調達してきました。

一つ7分の大きさを想定していましたが、一回り大きい綺麗なものが見つかったので、

一つ8分に変更しました。像高は28㎝になります。

慎重に下絵を描いて鋸を入れます。檜の香りに癒されます。

消えた下絵を書き直します。

Miroku150520frMiroku150519fr01 Img_8893a

 

2015年5月20日 (水)

中宮寺 弥勒菩薩像の制作 デッサン

爽やかな5月も下旬に向かい蒸し暑い日が多くなりました。

明日は小満です。

 

Mirokuf
 
 弥勒菩薩像の図録をもとにデッサンをしました。

 この仏さまは、飛鳥時代にクスノキで作られた半跏思惟像で、

 簡素なお姿ですが、その優美さ、品位の高さには心を奪われ

 ます。

 特に、和辻哲郎が「古寺巡礼」のなかで、”彼女は神々しい

 ほどに優しい「たましいのほほえみ」を浮かべていた。” と

 述べているお顔を表現できるのか、

 無謀な挑戦かもしれません。

                               合掌

 

 

MirokubMirokulMirokur 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘からラインで写真が届きました。 エジンバラのお城です。

明日、帰ってきます。

14321130092721431980813423

2015年5月16日 (土)

中宮寺 国宝弥勒菩薩像

雨は上がりましたが、蒸し暑い一日でした。

娘は、遅いゴールデンウィークで、朝早く、イギリス・スコットランドに向けて旅発ちました。

一人旅です。嫁にも行かず困ったもんです。


 
002007 今度は、中宮寺の国宝弥勒菩薩像

 に挑戦します。

 弥勒菩薩は、釈迦入滅56億7千万年

 後に如来としてこの世に現れ衆生を

 救うとされています。

 広隆寺の国宝弥勒菩薩は数年前に

 彫らせていただきましたが、どちらに

 もお目にかかったことはありません。

 

 
Mirokuf_4 

 ネットで資料を検索したところ、奈良国立博物館と東京国立

 博物館での特別展の図録が見つかり、古本ですが手に入れる

 ことができました、

 正面図を描いてみました。

 一つ=7分で本体が23cm高で彫ることにします。

 

 1年前から調子が悪かったパソコンがついにダウンしました。

 奥様のパソコンを借りてのアップです。 

 

2015年5月13日 (水)

三面大黒の制作 仕上げ(4) 完成

台風一過、25℃をはるかに超えて夏日になりました。 

 
 
三面大黒天の完成です。
 
Img_8883 Img_8881 Img_8882 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_8877 今回、初めて、目と唇に、水溶性の色鉛筆を使って
 
 彩色を施してみました。
 
 台座は、箱型にして小物を収納できるようにしました。
 
 宝くじでも入れておくと、当たるかな?(笑)
 
 
もう少し笑顔が欲しいところですが、とりあえず完成とします。
 
 
今日はビールが美味しそう・・・・・・・・(16:50)。
 
 

2015年5月 9日 (土)

三面大黒の制作 仕上げ(3)

クレマチスが終わり、紫陽花の蕾がふくらんできました。

 
 
Kimg0271_2
 昨日は、会社の OB会出席のついでに、神奈川県立
 
 金沢文庫の特別展「日向薬師」を拝観してきました。
 
 薬師如来と両脇持は、珍しい鉈彫技法の秘仏です。
 
 鉈彫は、仏さまが、霊木から出てこられたことを感じ
 
 させる技法だそうです。
 
 眷属の十二神将も、ほぼ完全な状態でお揃いでした。
 
 
三面大黒の毘沙門天側です。毘沙門天のお顔ももう少し何とかしたいです。
 
 
Sanmendaikoku150507fl01Sanmendaikoku150507l01Sanmendaikoku150507br01  

2015年5月 6日 (水)

三面大黒の制作 仕上げ(2)

ゴールデンウィーク最終日、立夏です。その割りには涼しい一日でした。

昨日の十六夜の月も綺麗でした。

 

工具箱作りに夢中になり、三面大黒天、久しぶりのアップです。完成も5月にずれ込み

ました。 

仕上げ作業が佳境に入りましたが、材料の木目が粗いので、あまり綺麗になりません

(腕の問題もあるのですが、・・・・)。

弁財天と毘沙門天の腕と持物はばらして仕上げ、角度を調整して組み立てました。 

お顔は、少しずつ手を入れて、違った角度から眺めながら修正の繰り返しです。

なかなか思い通りになりませんね。

自身の笑顔が苦手なせいかも(笑)?

 

Img_8860 Img_8859 Img_8858  

 

2015年5月 3日 (日)

指物師?

ゴールデンウイーク本番です。今日は少し涼しい風がありました。


 
Img_8835_2  
 これまで、作業台上の適当な箱に乱雑に置いていた
 
 彫刻刀を整理しようと、ホームセンターに出かけた
 
 ついでに、材料を調達 して工具箱を作りました。
 
 
 取っ手まで付けて、何処へ持っていくの(笑)?
 
 
 
 
Img_8834_2
 収納、使い勝手を考えて色々工夫して、二つの箱に
 
 分けて、バラバラになるようにしています。
 
 左端の箱は。柄が標準の彫刻刀、中央の箱は、柄が
 
 短くなった彫刻刀と、その他の小物を収容できるように
 
 しました。
 
 
 
Img_8837_2
 彫刻刀や、いつも使う道具を収納してみました。
 
 アクセスしやすいように、二つの箱をずらせて
 
 固定できるようにしています。
 
 試行錯誤してやっとこの構造に落ち着き、綺麗
 
 に整理整頓ができました。
 
 
使い勝手をみて改良していきたいと思います。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31