無料ブログはココログ

リンク集

« 阿弥陀如来脇侍の制作 観音菩薩小造り(2) | トップページ | 阿弥陀如来脇侍の制作 勢至菩薩小造り (2) »

2015年2月22日 (日)

阿弥陀如来脇侍の制作 勢至菩薩小造り (1)

勢至菩薩の作業に移りました。
 
観音菩薩は、腕を途中で切り離して、周りを仕上げた後、元に戻しましたが、
 
どうしても繋ぎ目が気になることから、勢至菩薩では、腕を別材で作って、
 
繋ぎ目を肩からかかっている天衣の内側にもってくることにしました。
 
ところが、言うは易しで、結構大変な作業になりました。
 
上手く仕上がるか予断を許しません。
 
まだ仮どめですが、勢至菩薩を先に仕上げたいと思います。
 
                                     合掌
 
 
Img_8552_2 Img_8551

« 阿弥陀如来脇侍の制作 観音菩薩小造り(2) | トップページ | 阿弥陀如来脇侍の制作 勢至菩薩小造り (2) »

阿弥陀如来脇侍の制作」カテゴリの記事

コメント

腕が外れる人形を想像しました。
観音様もそうですが、薄い衣の質感と足の強さの質感が同時に感じられて
この部分に心惹かれます。
後ろ姿って無防備だから心が現れるのでしょうか?

枝豆マニアさん、いつもありがとうございます。
いつも衣や天衣の柔らかさを出すのに苦労していますが、
この作業が好きでもあります。
後姿は、普段あまり見ることができないので、新鮮に感じる
のかもしれませんね。

 今晩は~

 観音菩薩を中断して、勢至菩薩に…!
何れにいたしましたも繊細な作業、目も疲れそうな。
 更に、これでは刃物も本当に砥がなければならないのでしょうね。
しかし二体、微妙に彫の違いがある様な…、見るだけでも頭が混乱しそうで~す。
 失礼いたします。

ヒロさん、おはようございます。
観音菩薩、勢至菩薩2体の形がそろうよう
同時進行させてきたのですが、
まだまだ未熟でそろいませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/61178560

この記事へのトラックバック一覧です: 阿弥陀如来脇侍の制作 勢至菩薩小造り (1):

« 阿弥陀如来脇侍の制作 観音菩薩小造り(2) | トップページ | 阿弥陀如来脇侍の制作 勢至菩薩小造り (2) »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31