無料ブログはココログ

リンク集

« 阿弥陀如来脇侍 勢至菩薩の制作 デッサン | トップページ | 観音菩薩、勢至菩薩の制作  木曽檜材に下絵を描きました »

2015年1月29日 (木)

東京藝大 卒業・終了作品展

今週は、銘酒会、古希を祝う同期会と宴会が続き、昔の会社の懐かしい方々

や仲間との楽しい集いで始まりました。仏像彫刻の日々は開店休業です。

 
 
そんな中、外出の途中に、東京藝術大学卒業・終了作品展に立ち寄りました。
 
目的は、美術学部の文化財保存学専攻・保存修復彫刻研究室の作品見学です。
 
3Dレーザースキャニングによるデジタルデータを基にした完全な模刻です。
 
普賢菩薩騎象像と如来立像、どちらも素晴らしく勉強になりました。
 
修士課程の女性の学生さんの作品のようです。
 
若い芸術家が、新しい技術を取り入れて、仏像彫刻をまもるため技を磨いていく
 
様子にも感銘を受けました。
 
 
4月に開催される予定の、研究報告発表展も楽しみです。 
 
Chirashi01Chirashi04  

« 阿弥陀如来脇侍 勢至菩薩の制作 デッサン | トップページ | 観音菩薩、勢至菩薩の制作  木曽檜材に下絵を描きました »

仏像拝観」カテゴリの記事

OFF」カテゴリの記事

コメント

瑞康先生、こんばんは(*^ー^)b

今週は、懐かしい方々との楽しい一時を過ごされたようで、良かったですね♪

東京芸大の卒業・終了作品展は、期間が短いのですね(>_<)

以前、NHK Eテレの趣味Do楽で、「ほとけの履歴書」という番組が放送されていて、その時の講師をされておりました、薮内佐斗司先生の教室の生徒さんが、自分の惹かれたお寺のご本尊様の模刻を、完成させるまでの様子を収めたテレビ番組を、夢中で見た覚えがあります。

明日は、雪だそうで、外出出来そうもないですし、ラストデ―に行けるようでしたら、行って来たいと考えています♪

瑞康先生から見まして、素人の私でも、見る価値あると思われますか?

それとも、分からない者が見た所で・・・って感じでしょうか?

チャコさん、お早うございます。
予報どおりの雪の朝になりましたね。

当の作品展ですが、仏像が好きで興味のある人なら見る価値がある
と思いますよ。像高1mから1.5mくらいで、技術も素晴らしいです。
ただ、仏像は2点だけです。そのほかに仏画の修復などもあります。

また、美術館には、油絵や書、工芸などの作品が、たくさん展示して
ありますので、興味のある人は楽しいと思います。
陳列館は、美術館とは少し離れた大学本館内にあります。

「仏の履歴書」は私も見ました。本作品も薮内佐斗司先生ご指導では
ないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/61052549

この記事へのトラックバック一覧です: 東京藝大 卒業・終了作品展:

« 阿弥陀如来脇侍 勢至菩薩の制作 デッサン | トップページ | 観音菩薩、勢至菩薩の制作  木曽檜材に下絵を描きました »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31