無料ブログはココログ

リンク集

« 香盒仏 勢至菩薩の制作 (1) | トップページ | 香盒仏  勢至菩薩 出来上がり »

2014年2月 8日 (土)

香盒仏 勢至菩薩の制作 (2)

20年ぶりの大雪です。Kogoseishi_016_2 夕方までに20cm積もりました。

 

形ができてきました。

細かい線を綺麗に出して、表面は滑らかになるよう仕上げていく

のですが、木が柔らかいので、刃物が切れないとつぶれてしまい

ます。刃物を選びながら慎重に進めます。

 

蓋には勢至菩薩の梵字を入れました。

 

雪が降り続いて4時を過ぎると暗くなってきたので、早めに作業を止めて原酒で

雪見酒と洒落込みました。

 

夜も更けて風も強くなってきました。

 

Kogoseishi_025_2Kogoseishi_037_2 

« 香盒仏 勢至菩薩の制作 (1) | トップページ | 香盒仏  勢至菩薩 出来上がり »

香盒仏を彫る」カテゴリの記事

コメント

 おはようございま~す。

 さいたまも本当にたくさん降りました。

 刃物の鋭さ・命ですね、柔らかいと簡単そうですが…。
6センチと申しましても、実質5センチ以下の内に掘り込まれる、しかも曲線も。
 材質(年輪)も細かくなければなりませんし。
それにいたしましても、見事なものですね~!

 作業後の一杯、さぞかし美味な事でしょうね。
本当にこの雪見酒!最高でしょうなぁ♪(雰囲気想像しております)

 なんだか私も飲みたくなりました。
毎晩晩酌しているのですが、自前果実酒の各種・混酒なんですよ。
  失礼いたします。

きれいですね。
この字が勢至菩薩の梵字なんですね。
初めて知りました。

こんなにスイスイ彫れたらたのしいでしょうねぇup

ヒロさん、

なかなか思うように彫れません。
ちょっと彫って眺めての繰り返しです。

自前の果実酒いいですね!
お酒は何でも来いのほうですが、この時期、特に
日本酒が飲みたくなりますね。

kimiさん

スイスイとは行きませんが、これしか能がありません。
削った跡にヒゲが残りやすく苦労しています。
やはりもう少し堅い木で彫りたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/59093196

この記事へのトラックバック一覧です: 香盒仏 勢至菩薩の制作 (2):

« 香盒仏 勢至菩薩の制作 (1) | トップページ | 香盒仏  勢至菩薩 出来上がり »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31