無料ブログはココログ

リンク集

« 増長天の制作 ◆ 粗彫り(2) ◆ | トップページ | 増長天の制作 ◆ 小造り(1) ◆ »

2013年10月23日 (水)

増長天の制作 ◆ 粗彫り(3) ◆

今日は二十四節気の霜降。

天気のせいもあり、特に朝夕は一層肌寒さを感じます。

台風27号の振舞いも気になります。

南方を守護する増長天に祈りを込めて彫ることにします。

 

邪鬼も彫ってやっと形ができてきました。

久しぶりの甲府産の桧材は固くて、刃物もすぐ切れなくなります。

まだ研ぎが未熟だとは思っていますが、先日の仏像彫刻展で、

プロの方も刃物は頻繁に研いでいると聞いて少し安心しました。

 

Img_6688


Img_6689


Img_6691

« 増長天の制作 ◆ 粗彫り(2) ◆ | トップページ | 増長天の制作 ◆ 小造り(1) ◆ »

仏像彫刻」カテゴリの記事

四天王立像」カテゴリの記事

コメント

 僅かな期間(年数)でこのように・・!!
 おはようございま~す。

本当にいいですね~!素晴らしいイ。
※増長天様、そうですか南方をお守りなさっておられるんですね!
 それも知らなくて・・恥。
・ また、甲府産の桧材は固いんですね、寒さ・湿度・風?
 やっぱり、それぞれ地域によって違うものなんですね。
 宮大工さんが、その地方に合った材を・東西南北面の材を使用目的に併せてとか・・。
材に合わせた刃物・砥ぎ、大変なものですね~!
  ヒロでした・失礼いたします。

いつもコメント有難うございます。

私は、木材に詳しいわけではありません。
よく使っている仏像彫刻用と言われる木曽桧に比べると
今彫っているものが硬いと感じるだけです。
もっと色々な木を彫ってみたいとも思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/58440392

この記事へのトラックバック一覧です: 増長天の制作 ◆ 粗彫り(3) ◆:

« 増長天の制作 ◆ 粗彫り(2) ◆ | トップページ | 増長天の制作 ◆ 小造り(1) ◆ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31