無料ブログはココログ

リンク集

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月27日 (土)

風神像の制作 ◆ 小造り(2)

今日からゴールデンウィーク。天気もやっと安定してきました。

2日遊んだので作業に集中です。

 

雲の上を飛び回って風を吹き荒そうとする動きと、

逞しい男性的な肉体の表現に悩んでいます。

 

Fujin130427fl01 Fujin130427f01 Fujin130427fr01

2013年4月25日 (木)

別府温泉から湯布院の旅

23日、フェリーで別府へ、40年ぶりです。

温泉と酒が楽しみの姉と友人の4人旅。まず船の中で宴が始まりました。

昼過ぎ別府港へ入港。

最初は砂風呂へ。これは初めての体験でした。

そしてホテルへ、飲んで食べて、そして温泉。

 

翌朝は小雨模様。観光タクシーで湯布院へ。湯布院は初めてです。

 

 Img_5702_3Img_5712a

 

 

 

 

 

 

 

さらに足を延ばして、九重町の日本一長い吊り橋へ。

Img_5728 Img_5720_800x600

  

  

  

  

   

  

  

    

雨に濡れた新緑が目に映えます。

  

帰路に着く頃、やっと雲が晴れて、山並みが見えてきました。

 Img_5731Img_5736   

      

   

   

   

 

 

 

夕方のフェリーで四国へ。

2013年4月20日 (土)

風神像の制作 ◆ 小造り(1)

今日は穀雨ですが、昼過ぎから冷たい雨になりました。

 Fujin130420fl01_2

風神雷神は、十一面千手観音を護る二十八部集の家来です。

  

磐座の粗彫りをしましたが、資料不足もあり

イメージ通りに彫れません。

 

本体は小造りにかかりました。

お顔は憤怒相ですが、よく見るとユーモラスなお顔です。

手の指は4本、足の指は2本です。

牙はもっと尖らせるべきですが、欠ける心配が

あるため、最後に仕上げることにします。

 

 

 

 

Fujin130420sagyo_2

Fujin130420zf01_2 

2013年4月17日 (水)

風神像の制作 ◆ 木取り・粗彫り

田舎暮らしも一週間になりました。

姉夫婦と、そのお友達が歓迎の宴を開いてくれたり、

ペンキ塗りなどであっという間に時間が過ぎました。

昨日は、釣り鯵をもらって、刺身に塩焼き、やっぱり魚は美味しいです。

 

何も用事がないときは彫っています。

木取りから、粗彫り、小造りと一気に進みましたが、予想通り難しい仏さまです。

足は、岩座の上で雲に隠れているので彫り込むのが大変です。

やっと風神らしくなってきましたが、これからが本番です。

Fujin130417fl01 Fujin130417f01 Fujin130417fr01

2013年4月13日 (土)

風神像の制作 ◆ デッサン・木取り

田舎生活が始まりました。

最初の仕事は、錆がひどくなったベランダの手摺や階段のペンキ塗り。

錆落としが大変、やっと手摺の塗装が終わりました。

今日は階段の錆落とし。1日では終わりません。身体がガタガタです。

 

風神像の制作も始めました。   Fujin130413fr01_2 Fujin130413fr02

側面、背面の資料が少ないので 

デッサンに不安がありますが、

先日、現物を観たときのメモや

記憶を頼りに材料に下絵を描き

ました。 

奥行がある像なので材料が手に

入りにくく、幅の余分を奥行に

足して寄木造りとしました。

それでも、1つ5分がやっとです。 

 

 

 

 

  Fujin001_800x581Fujin002_800x581

 

2013年4月11日 (木)

故郷へ

Img_5591_39日早朝、車で故郷へ。

 

法事をすませたあと、少し長く滞在する予定のため、

田舎では車がないと何かと不便です。

東名高速のSAからの富士山が綺麗です。

 

 

Img_5611_800x600 900kmのロングドライブのため、

 今回も京都で 途中泊。

 平安神宮の枝垂れ桜です。

 7日に出発予定でしたが、春の嵐襲来で

 遅らせたため、桜も散り始めていました。

 

 

   

 少し足(車)を延ばして、大原三千院へ。往生極楽院の阿弥陀三尊の拝観。

 穏やかで慈悲深い素晴らしいお顔です。

 脇侍の観音菩薩、勢至菩薩の今にも立ち上がって手を差し伸べる姿勢。

 彫らせて戴きたいと思う仏様です。写真は撮れないので、展示室の写真

 を撮らせて頂きました。

 

 このあと、これから彫る 風神雷神を観ておきたくて三十三間堂へ。

 資料では解らないところをメモしてきました。 

 Img_5622_2Img_5620_800x600_3

 

 

 

 

  

 

 

 

Img_5630

 翌朝は、奥様の希望もあって、南禅寺の永観堂へ。

 みかえり阿弥陀さまにも再会させて戴き、一路、四国辞へ。

 前回は明石鳴門大橋を渡りましたが、今回は、瀬戸大橋を。

 この日は、開通25周年で、記念セレモニーがあった とのこと、

 不思議な縁を感じました。

 述べ14時間のドライブ、流石に疲れました。爆睡。

 

 早朝、目が覚めました。

 

 

2013年4月 6日 (土)

風神雷神にチャレンジ!

また、春の嵐の襲来です。Dscn1887

 

先日のゴルフは、素晴らしい天気に恵まれました。

リタイヤした会社の同期生が半年ぶりに集まりました。

ピン横10cm、あわやホールインワンのニアピン賞です。

和気藹々の楽しいコンペでした。

 

 

さて、次の仏像は、京都・蓮華王院三十三間堂の風神・雷神にチャレンジすることにしました。

取り敢えず、写真をもとにデッサンをしてみましたが上手く描けません。難しいですね。

側面、背面の資料も不完全なので失敗するかもしれませんが、風神像からチャレンジ

したいと思います。

 Fujin002_800x581_2_2   Raijin003_625x800_2_4

2013年4月 3日 (水)

阿弥陀如来立像の制作 ◆ 完成 !!

春の嵐が吹き荒れて花散らしの雨となりました。Amida130403fz11a

 

もう少し綺麗に、もう少し慈悲深い穏やかなお顔にと、

いつまでも心残りがありますが、これ以上の進歩が

見込めないので、ここで刀を置くことにしました。

 

框台の裏側に、「南無阿弥陀佛」と書いて、銘、年号を

入れました。(下手な字で恥ずかしいなー)

 

  

母の十三回忌にあわせて、菩提寺で開眼をお願い

しようと思います。

 Amida130403db01a_4

 

明日は、久しぶりのゴルフです。 

   

 

 

 

 

 

 

 

 Amida130403flz01Amida130403fz01Amida130403frz01

 

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31