無料ブログはココログ

リンク集

« 阿弥陀如来立像の制作 ◆ 光背の仕上げ | トップページ | 阿弥陀如来立像の制作 ◆ 反花から框へ »

2013年3月13日 (水)

阿弥陀如来立像の制作 ◆ 蓮台を彫る

春の嵐が吹き荒れました。

このところの荒れた天気で、ゴルフの朝練も見合わせ。

お陰で作業が捗っています。

 Img_5313_2 

角材の木取りをして台座の作業にかかりました。

蓮華、反花を円筒形に削り出して、間に敷茄子を組込む

ための凹みを作り、お椀形に削ります。

蓮華には、光背を立てるための切り込みも入れます。

今回は、蓮弁を葺き合わせにしてみたかったのですが、

小さいので彫り込むことにしました。Img_5316_2

蓮弁は4段彫り込んで、上部には、しべを彫り込みます。 

 

4段目の蓮弁はもう少し開きかげんに仕上げたいと思います。

 

 

 

 Amida130313d01 Amida130313d02 Amida130312d01

   

« 阿弥陀如来立像の制作 ◆ 光背の仕上げ | トップページ | 阿弥陀如来立像の制作 ◆ 反花から框へ »

阿弥陀如来を彫る」カテゴリの記事

コメント

なるほど小さい蓮台は
最初からこういう木取りをするんですね。
葺き蓮華しかしたことがなかったので
勉強になります。
でも、理屈でわかっても、こんなに綺麗に彫れませんけど。

今回は、木材店から自分で購入した角柱を
蓮華、反花用に切り分けて円筒形に削りました。
大きさも自己流です。
教室に注文すると、仏像に合わせて円筒形に
加工した材料が届くでしょう。
葺き蓮華は是非やってみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/56948580

この記事へのトラックバック一覧です: 阿弥陀如来立像の制作 ◆ 蓮台を彫る:

« 阿弥陀如来立像の制作 ◆ 光背の仕上げ | トップページ | 阿弥陀如来立像の制作 ◆ 反花から框へ »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31