無料ブログはココログ

リンク集

« 秋の新作 ・ その(3) | トップページ | 多聞天立像の制作 ・ デッサン・木取り »

2012年10月31日 (水)

釈迦三尊用の桐箱を作りました。

Oumi001_353x500

昨日、日本橋の三井記念美術館で開催されている

琵琶湖をめぐる 近江路の神と仏 名宝展

に行ってきました。

近江路は、奈良、京都に近く、比叡山延暦寺を中心に多くの

古寺があることから、飛鳥、奈良時代から鎌倉時代にかけて

作られた十一面観音、千手観音はじめ多くの種類の仏像を

拝観することができ、新たな刺激を受けてきました。 

 

 

 

 

これまでに彫った仏像が40体を超えました。

硝子戸の書棚に収めていましたが、それもほぼ満杯。

そこで、桐の集成材を買ってきて釈迦三尊収納用の箱を作りました。

何とか格好がつきました。

桐箱は湿度を一定に保ち、焼けによる変色を防いでくれます。

正面に墨で仏像名を書きたいのですが、自信が無いので止めました。

字も練習もしたいな~。

 

Img_4617

Img_4616_2

« 秋の新作 ・ その(3) | トップページ | 多聞天立像の制作 ・ デッサン・木取り »

仏像拝観」カテゴリの記事

文殊菩薩を彫る」カテゴリの記事

普賢菩薩を彫る」カテゴリの記事

釈迦如来坐像を彫る」カテゴリの記事

コメント

行ってこられたんですか、いいなぁ。
近江にこんなに仏像が多いと知ったのは
彫りはじめてからなんです┐(´д`)┌ヤレヤレ

ステキな箱ができましたね。
仏様も喜んでらっしゃいますね。

次はお習字ですか。

琵琶湖をめぐる42の社寺の仏像、神像を一堂で拝観できるのた
のは幸運でした。とても現地を回って観ることはできませんね。

どの仏様も、奈良や京都とは違った親しみを感じました。
向源寺の十一面観音が出展されなかったのは残念ですが、
飯道寺の十一面観音の優しい表情と穏やかな姿に魅了されました。

古くからの神仏習合の文化が息づいている素晴らしいところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/55981796

この記事へのトラックバック一覧です: 釈迦三尊用の桐箱を作りました。:

« 秋の新作 ・ その(3) | トップページ | 多聞天立像の制作 ・ デッサン・木取り »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31