無料ブログはココログ

リンク集

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

普賢菩薩 粗彫り(2)

 

Fugen111130fr03Fugen111130fr02Fugen111130fr01ミカンの収穫作業も忙しくなり、彫刻がなかなか進みません。

いつもは、夜1、2時間くらいの作業ですが、今日は休みを貰えたので一気に粗彫りを進めました。

作業環境が変わるので写真もバラバラですがご容赦のほど。

今日で11月も終わり、ミカン収穫作業の手伝いを始めて20日になりました。12月半ば過ぎまでの予定です。

それまでに本体だけは何とか仕上がるでしょうか?

2011年11月22日 (火)

ミカン山から

朝の冷え込みも増して昼間の気温も15℃前後、ミカンもすっかり色着いてきました。
ミカンの収穫作業もいよいよ本番です。

  

Img_7131

   

    

高いミカン山からの眺めです。遠くに薄く見えるのは佐田岬、遥か沖に広がる海は豊後水道。関鯖、関鯵の漁場です。手前がミカン山です。

  

  

  

  

       

  

Img_7130_2

  

  

  

ここのミカンは、知る人ぞ知るブランド品のマルマみかん、美味しさは定評です。

  

  

  

  

      

  

Img_7144

  

  

  

毎日、朝7時から陽が西の海に傾くまで摘み取り作業が続きます。ミカン山で皆が車座になって食べるお昼の弁当も美味しいです。

  

  

  

  

仏像彫刻は夜鍋作業です。

2011年11月18日 (金)

普賢菩薩 粗彫り(1)

Fugen111118fr01_2 Fugen111118fr02_2  少し時間が経ちました。

 故郷の愛媛でミカンの収穫を手伝っています。黄金色に輝くミカン山と海の景色は素晴らしく、全国から老若男女のアルバイターが集まって、小さな集落は一年で一番活気のある季節です。初めての経験で体力は使いますが、釣りたての鯵や太刀魚の刺身も美味しく、今のところ楽しくやっています。

 収穫作業が早く終わった時や、晴獲雨彫?で普賢菩薩を彫っています。時間が少ないのでテンポは遅いですが何とか形ができてきました。収穫が終わる12月半ばまでには本体を仕上げたいと思っています。

2011年11月10日 (木)

普賢菩薩 デッサン・木取り

Fugen111110fr01 Fugen111105fr02 Fugen111105fr01  立冬が過ぎ紅葉前線も次第に南下してきました。

紅葉狩りと言いたいところですが、所用での長旅に出ています。

それでも、自分の時間もありそうなので商売道具?1式を車に積み込みました。

 

 今回は象に乗った普賢菩薩に挑戦します。

 普賢菩薩は、文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍で、獅子に乗った文殊菩薩が智慧を司るのに対して、六牙の象に乗った普賢菩薩が業(修業)を司ると言われています。

また、来年の干支である辰年生まれの人の守り本尊とも言われています。

1つ7分、象の台座と光背を含めた高さは約30cmになります。

年内に仕上げたいと思っていますが少し心配です。

出先のネット環境の問題で、次回のアップは先になりそうです。

2011年11月 3日 (木)

白衣観音 仕上げ(2)

Hakui111103f02a_2Hakui111103fl02aHakui111103fr02a いよいよ霜月に入りました。薄曇りながら暖かい文化の日です。

 

手垢が付かないよう手袋をはめて仕上げ作業を進めています。

前回から大分手を入れたつもりですが写真では変わり映えしないかもしれません。

特にお顔が思うように仕上がりません。小造りの段階で、鼻の位置が上過ぎた気がします。反省!

仕上げの作業としてはこの程度が力の限界かもしれませんね。

難しい題材で反省多々ですが良い勉強になりました。

一先ず完成として、時間を置いてみることにします。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31