無料ブログはココログ

リンク集

« 弁財天 仕上げ(2) 完成 | トップページ | 吉祥天 粗彫り(1) »

2011年6月25日 (土)

吉祥天 デッサン、木取り

Kisyou110622f00Kisyou110622fr02Kisyou110624fr01a_2 夏至を過ぎたとたんに真夏日が続きましたが、今日は暑さも少し和らぎました。

 9月に予定されている仏像教室作品展に向けて、新しい仏さまにチャレンジしたいと考えを巡らせていましたが、吉祥天を彫ることにしました。

吉祥天は、人々に財産や豊な恵みをもたらす福徳の女神とされ、毘沙門天の妻とされています。浄瑠璃寺の美しい吉祥天像が有名ですが形が複雑で難しいため宝冠などの一部分を参考にすることにしました。弁財天に続いて今回も女神像になりました。

材料は、木曾桧、本体の大きさは約280mm高です。

木取りの段階では、デッサンは大まかで良いのですが、私の場合、出来上がりのイメージを掴むためできるだけ細かく描くことにしています。

大まかなところを鋸で落として、8分のノミで削って形を作っていきます。材料の関係で宝珠を持つ左手は別材で作ります。

« 弁財天 仕上げ(2) 完成 | トップページ | 吉祥天 粗彫り(1) »

吉祥天を彫る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/52032029

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥天 デッサン、木取り:

« 弁財天 仕上げ(2) 完成 | トップページ | 吉祥天 粗彫り(1) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31