無料ブログはココログ

リンク集

« 弁財天 小造り(3) | トップページ | 弁財天 仕上げ(2) 完成 »

2011年6月15日 (水)

弁財天 仕上げ(1)

Benten110613b01aBenten110613f01aBenten110613fr01a 憂鬱で閉塞感が漂う毎日、梅雨空のせいばかりではなさそうです。この国をどうしようとしているのか? 何処へ行こうとしているのか?

 故松久宗琳仏師は、「仏さまを彫るということは、座禅をしているようなもの・・・・・。我を忘れて木に向かっているとき、周囲がどれほど騒ごうと聞こえず 、どれほど動こうと眼に入りません。」そして、「この世界が楽しくて仕方がないのです。」と書かれています。まさにその通りです。

 仕上げ作業にかかりました。木のつやを出して綺麗に仕上げるには彫刻刀をピカピカに研磨して細かく細かく削っていくしかありません。根気のいる作業ですが表面が綺麗になると嬉しくなります。琵琶も弦を張って仕上げました。拡大写真はホームページに載せています。

 これからゴルフの朝練に行ってきます。

« 弁財天 小造り(3) | トップページ | 弁財天 仕上げ(2) 完成 »

弁財天を彫る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁財天 仕上げ(1):

« 弁財天 小造り(3) | トップページ | 弁財天 仕上げ(2) 完成 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31