無料ブログはココログ

リンク集

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

瑠璃観音 仕上げ(2)

Rurikannon101228f_4 Rurikannon101228fz   昨日から我が家の大掃除が始まりました。障子の張り替え、網戸洗い、窓拭き、台所周りと毎年のことながら重労働です。夫婦ともくたびれ果てて正月を迎えます。

 瑠璃観音は仕上げの途中ですが、居間工房も今日が仕事終い、作業場所の大掃除にかかります。とは言いながら、気になるとまた彫刻刀を握るかも知れませんが。

2010年12月24日 (金)

瑠璃観音 仕上げ(1)

Rurikannon101224f  今年も後1週間となりました。

 瑠璃観音も仕上げの工程に入りましたが、年賀状を書いたり、忘年会続きで落ち着いて作業ができませんでした。年賀状も終わったので、今週は作業に集中します。来週になると大掃除モードに入りそうなので今週が勝負ですね。

2010年12月18日 (土)

瑠璃観音 小造り(4)

Rurikannon101217f_3 Rurikannon101217fr_3 Rurikannon101217fl_3Rurikannon101217b_2

冷え込んだ朝です。窓辺の陽射しが有難く感じます。

 小造りがやっと終わりに近づきました。裳や天衣の衣文が複雑で、ひと彫り ひと彫りが気を抜けません。それだけに彫る喜び、充実感もひとしおです。

2010年12月15日 (水)

瑠璃観音 小造り(3)

Rurikannon101215f

 師走も半ばとなり年賀状の受付が始まるようです。

 瑠璃観音は年内完成を目標にしていましたが危なくなってきました。台座、光背は無理としても、本体だけは何とかまとめたいと思います。今週が山です。

 背景のデザインを冬バージョンにしてみました。

2010年12月12日 (日)

瑠璃観音 小造り(2)

Rurikannon101212fl_2 Rurikannon101212f Rurikannon101212fr Rurikannon101212b 一昨日、私の所属する仏像教室の忘年会がありました。通信生の参加は私ひとりでしたが、仏師の先生方や同じ志を持つ方々との歓談は楽しく有意義でした。

この仏さまは、宝髻(頭部の髪)や、天衣、条帛、裳などの衣文、臂釧(腕輪)、胸飾りなどが複雑です。これからの作業が大変ですが楽しみでもあります。

宝髻の部分は、寸法的に4分ほど足りなかったので継ぎ足して彫りました。

2010年12月 8日 (水)

瑠璃観音 小造り(1)

Rurikannon101208fr Rurikannon101208b 夜半からの冷たい雨が上がって冬晴れの朝です。真っ白な富士山を頂いた丹沢連峰もすっかり雪化粧をしています。

今回から、小造りの工程に入りました。仏像制作の工程は、大きく分けると、粗彫り(荒彫り)、小造り、仕上げとなるようです。私が指導を受けている仏師の先生は、小造りを”こなし”と称しておられます。今回の手本にした、松久宗琳仏師は”小造り”と称しておられるので、これに習いました。

野暮用が多くて作業がなかなか進みません。少しピッチを上げなくちゃ。

2010年12月 5日 (日)

瑠璃観音 粗彫り(3)

Rurikannon101205fr_2 Rurikannon101205fRurikannon101205fl 今回の桧の材料は木曾檜と比べて硬いため、粗彫りの作業は苦労します。特に、脇の下や天衣の隙間を彫るのは時間がかかります。また刃物もすぐ切れなくなるので途中で研いで続けます。

今日のように天気の良い日は窓からの明かりで作業をしますが、この季節は4時を過ぎると 手元の明かりをつけます。

2010年12月 1日 (水)

瑠璃観音 粗彫り(2)

Rurikannon101201flRurikannon101201f Rurikannon101201fr 師走になりました。

今年一年、終わり良ければ全て良しと言えるよう充実した毎日を送りたいものです。 

 お顔を彫って、少し仏さまらしくなりました。

(12月1日)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31