無料ブログはココログ

リンク集

« 伎芸天 仕上げ(1) | トップページ | 伎芸天 仕上げ(3) »

2010年11月 7日 (日)

伎芸天 仕上げ(2)

 Gigeiten101106fr_4今日は立冬です。時間は容赦なく過ぎていきます。とりまく環境も容赦なく変化していきます。久しぶりに心を癒してくれるような優しい仏様を彫り始めましたが、東西南北を憤怒の眼で睨み守ってくれる四天王像を彫りたい心境です。

 最近、BSフジで「日本人こころの巡礼」という奈良のお寺と仏像を鑑賞するシリーズ番組が放映されています。先週の金曜日は第3回目で、今彫っている秋篠寺の伎芸天が取り上げられました。写真では得られない大画面で細かいところまで映し出され、その魅力を改めて感じると同時に大変参考になりました。私の大事な資料として毎回録画しています。

 仕上げも佳境に入り、身体の線も可能な限り修正したつもりです。良く切れる刃物で削るときの感触と、削った後の木の艶が何とも言えない心地よさを感じさせてくれます。手を仕上げていますが、お顔と同様に手の表情も難しいですね。 (11月7日)

« 伎芸天 仕上げ(1) | トップページ | 伎芸天 仕上げ(3) »

伎芸天を彫る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/49958755

この記事へのトラックバック一覧です: 伎芸天 仕上げ(2):

« 伎芸天 仕上げ(1) | トップページ | 伎芸天 仕上げ(3) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31