無料ブログはココログ

リンク集

トップページ | 伎芸天 デッサン、木取り(2) »

2010年10月17日 (日)

秋篠寺 伎芸天に挑戦 木取り(1)

Gigeiten101016a Gigeiten101016b 新しい仏像の制作にかかりました。

普通は、彫りたい仏様を決めて材料を注文するのですが、近所の工務店の社長さんから貰った桧の原木があるので、これを使って彫ることにします。

原木は節やひび割れがあるため、どのくらいの大きさの材料が取れるか切ってみないと分かりません。今回は、長さ約45cmの原木から切り出しました。鋸で引くと素晴らしい木の香りが漂ってきますが、縦引きにはひと汗かきます。汗をかいた甲斐あって30cm×10cm×8cmの大きさがとれ、結構大きな仏様が彫れそうで楽しみになってきました。

大仏師、松本明慶さんは、木の中に仏様が見えると言われて、いきなりノミで不動明王を彫り始められたのをテレビ拝見しましたが、凡人はそうはいきません。思ったより綺麗な柾目が取れたので優しい表情の仏様にしようと、奈良の秋篠寺の”伎芸天(重要文化財)”に挑戦することにしました。

トップページ | 伎芸天 デッサン、木取り(2) »

伎芸天を彫る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566933/49798607

この記事へのトラックバック一覧です: 秋篠寺 伎芸天に挑戦 木取り(1):

トップページ | 伎芸天 デッサン、木取り(2) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31