無料ブログはココログ

リンク集

2018年10月17日 (水)

高津区文化祭 美術公募展終了

12日から開催されていた高津区文化祭の美術公募展が終了しました。 
 
 
Img_20181016_104018
 
 今回は、文化協会創立50周年記念ということで
 
 13日行われたワークショップにも参加し、昨日、
 
 今日午前中は展示会場の受付と慌ただしい一
 
 週間でした。 
 
 
 昨日オープンして間もない時間に、ご年配の女性
 
の方が、私の作品の前で合掌されているお姿を拝見しました。
何か心の拠りどころになるものがあれば嬉しいです。
                             合掌
Img_20181016_104120Img_20181016_104058  

2018年10月15日 (月)

蘇我仏像彫刻 10月 その1 他

週末から急に涼しくなって本格的な秋の気配です。今日は肌寒さを感じます。
 
 
先日、セブンカルチャー蘇我仏像彫刻教室でしたが、週末にかけてイベントが錯綜
 
していてブログに手が回りませんでした。
 
作品は初級の方の大黒面、不動明王坐像と中級の方の牛頭大王坐像で、いずれも
 
小作りの段階です。
 
Img_20181012_120449Img_20181012_121742Img_20181012_120439 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_20181010_134451 
 一方で、10日から、地元文化協会の秋の文化
 
 講座 「初めての仏像彫刻」が始まりました。
 
 8人中7人の方が女性の生徒さんです。
 
 できるだけ丁寧に進めたいと思います。
 
 
 
 
 Img_0001 
 
Img_20181013_102148 
 また、時間をずらして、春の
 
 文化講座を終了された方6人
 
 が、その2の課題を始められ
 
 ました。
 
 午後1時~3時、3時~5時と
 
 続きます。
 
 13日は、文化祭会場でワーク
 
 ショップもあり多忙な一週間でした。
 
                              合掌

2018年10月10日 (水)

愛知・瀧山寺三尊像

秋雨前線の影響でしょうか?天気が安定しませんね。
 
今日も夏日になったようです。
 
 
聖観音菩薩立像が出来上がり、先に彫っていた脇侍の梵天立像と帝釈天立像を合わせ
 
て、やっと瀧山寺三尊像が揃いました。
 
 この三尊像は源頼朝の三回忌供養のため作られた
 
 もので、運慶と息子の湛慶の作と言われています。
 
 聖観音菩薩立像は2017年秋の国立博物館・運慶展、
 
 梵天立像は2018年冬の金沢文庫の運慶展で拝観し
 
 たことが制作の切っ掛けになりました。
 
 聖観音菩薩と梵天は、この時の図録をもとにできる 
 
だけ正確に模刻を試みたのですが、光背や頭部の銅製装身具は繊細な細工のためかなり 
 
デフォルメしています。また、帝釈天は拝観したこともなく資料も少ないので、側面や背面
 
の部分は推定した形になっています
 
12日~17日開催の地元の文化祭と23日~28日開催の仏像彫刻展に出展します。
 
                                       合掌 

2018年10月 7日 (日)

金町仏像彫刻教室 10月 その1

台風25号が再び真夏日を呼び戻しました。
 
 
昨日は、よみうりカルチャー金町仏像彫刻教室でした。
 
今回は全員の作品を撮らせて頂くことができました。
 
初級の方は、大黒面、恵比寿面の仕上げにかかっています。
 
 Img_20181006_181502Img_20181006_181436
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Img_20181006_181424
 初級の全課題を終えられた方は、
 
 今月から中級になり、阿弥陀如来
 
 立像に取り掛かりました。
 
 デッサン中です。
 
 
 
 
中級の阿弥陀如来と如意輪観音は、作品展に向けて最終仕上げに
 
かかっています。
 
 
Img_20181006_181513Img_20181006_181451
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_20181006_182417 
 
 妙見菩薩立像は、ほぼ完成です。
 
 
 
 教室を見学に来られた方が、来月から
 
 入会されることになりました。
 
 一緒に頑張りましょう。
 
                   合掌

2018年10月 3日 (水)

瀧山寺三尊 聖観音菩薩立像の制作 

強烈な台風が列島を縦断。我が家も今までに経験したことがない暴風にさらされました。
 
 
いよいよ10月です。地元の文化祭に続いて仏像彫刻教室作品展と忙しくなります。
 
 
聖観音菩薩本体の仕上げと並行して作業を進めてきた台座と光背が出来上がり組み立
 
ててみました。光背の繊細な唐草模様は省略して、放射光背はできるだけ忠実に再現
 
しました。少しは風格が保てたでしょうか?展示会まであと10日、更に完成度を高めて
 
行きたいと思います。
 
スマホの写真がお粗末。もう少し上手く撮りたいですね。
 
                                       合掌
 
Img_20181003_162518Img_20181003_160547 Img_20181003_160617

2018年9月29日 (土)

蘇我仏像彫刻教室 9月 その2

昨日はセブンカルチャークラブ蘇我仏像彫刻教室でした。。
 
早朝の駅までの道には金木犀の香りが漂い、柿の実も色付き始めて秋の気配を
 
感じました。
 
 
今回は、新しい課題が多かったせいか慌ただしく時間が過ぎ、作品の写真を撮る
 
余裕もなく終わりました。
 
 
  Img_0001_new
 仏像彫刻展の案内葉書が届きました。
 
 今年は例年より一ヶ月遅い開催になりましたが、
 
 七教室から約70点の作品が展示されます。 
 
 個人としては、瀧山寺三尊像と聖林寺十一面
 
 観音立像を出展予定です。
 
                                      合掌

2018年9月26日 (水)

瀧山寺三尊 聖観音菩薩立像の制作 小作りから仕上げへ

9月も残り僅かになりました。最初の展示会まで2週間、少し焦り気味です。
 
 
Img_20180926_172219 
 本体は小作りが進み仕上げにかかりました。
 
 両腕が前面で交叉しているので、指の形を整えるのに神経を
 
 使いました。胸やお腹の部分も刃物が届きにくく苦労しました
 
 が何とかなりそうです。悩んでいた宝冠は、かなりデフォルメ
 
 しましたが、それらしくできました。
 
 並行して夜間作業で進めてきた、台座と持物の蓮の蕾も形に
 
 なってきました。
 
最後の難関は光背です。実物はかなり繊細な唐草模様の組み合わせのため、この大きさ
 
の木彫りでは不可能で大幅にデフォルメするしかありませんね。
 

                                 合掌

 
 
Img_20180926_172452 Img_20180926_172459 Img_20180926_172508
 
 
 
 
 

2018年9月19日 (水)

瀧山寺三尊 聖観音菩薩立像の制作 小作り

朝晩はめっきり涼しくなり、彼岸花も咲き始めました。もうすぐ中秋の名月です。
 
一昨日、73歳の誕生日を迎えました。今日の人間ドック受診のため祝杯はお預け。
 
結果は、昨年と変化はなく一安心です。
 
 
小作りの作業を進めています。
 
やっと、全体の形が整ってきましたが、衣紋や天衣が複雑で時間がかかっています。
 
特に、天衣は運慶独特の超現実的?な形があります。
 
右手の指は、少しずつ慎重に形作りを進めています。
 
                                    合掌
 
 
 
Img_20180919_172542Img_20180919_172549 Img_20180919_172647

2018年9月16日 (日)

蘇我仏像彫刻教室 9月 その1、金町仏像彫刻教室 9月 その2 

今週は、カレンダーの関係で、セブンカルチャークラブ蘇我と、よみうりカルチャー
 
金町教室が金、土と続きました。
 
 
蘇我教室は、久しぶりに12名の生徒さん全員出席、活気に満ちた2時間でした。
 
仏像彫刻展には、4名、7作品の出展申し込みがあり、金町を合わせると6名、
 
11作品になりました。 
 
蘇我教室、初級の地蔵菩薩立像は、ほぼ完成。中級の不動明王坐像、馬頭観音
 
立像も仕上げ段階です。
 
 
Img_20180914_121117Img_20180914_121058Img_20180914_121143 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_20180915_164806
 
 
 金町教室、初級の大黒面が綺麗出来上がりました。
 
 観音菩薩立像も完成間近です。
 
 中級の、妙見菩薩立像も完成間近です。
 
 
                      合掌
 
 
 
 

2018年9月12日 (水)

瀧山寺三尊 聖観音菩薩立像の制作                粗彫りから小作りへ

秋雨前線が南下して、急に秋めいた涼しい天気になりました。
 
先週は、仏像彫刻教室が無かったので一週間ぶりのブログです。
 
 
Kimg2813a  
 粗彫りが終わり小作りの段階になりました。
 
 聖観音菩薩は美しい仏さまですが、それだけに難しい
 
 です。髻も特徴があり、垂髪と言って肩に髪が垂れ下が
 
 っています。実物は、一部破損していますが再現する
 
 ことにしました。
 
 手の形も複雑で難しいですが、できるだけ忠実に
 
 表現したいと思います。
 
                                      合掌
 
 
Img_20180912_170208
Img_20180908_062305
Img_20180908_062059

«瀧山寺三尊 聖観音菩薩立像の制作 デッサンから粗彫りへ

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31